私がTwitchに移った理由

私はニコニコ生放送で2009年1月から配信をしておりましたが、今年の4月末から活動の場所をTwitchに移しました。

そこで、自分がなんで移動したのかというのをちょっと考えてみたいと思ったので、つらつらと書いてみようと思います。自分の中での整理と健忘録としての文章なので、皆様にお見せするものにならないかもしれませんが、ご了承ください。

まずニコニコが嫌になった

ニコニコ動画・生放送で差別的なコメント、特に人種差別的なコメントが野放しになっていること、それどころか運営がニコニコニュースなどでそれを助長するような内容を配信していることに長いこと懐疑的でした。

ニコニコが成長しているあいだは、そのような状況もやむを得ないなと思い大目に見ていましたが、他配信サイトの台頭に伴いいっそうの状況は悪化し、ついに移住を決意しました。

配信サイト物色

そんなわけで、配信サイトを物色することになるわけです。

さほど長い期間ではありませんでしたが、2017年の年始頃からBeam(現Mixer)での配信を試みました。遅延が非常に少ない高機能なサイトでしたが、人口の少なさからコミュニティがなく定着には至りませんでした。

OpenRecも台頭してきていた時期でしたが、ニコニコで嫌だったところをそのまま受け継いでる印象から拒否。その結果、消去法的にTwitchに移行しました。

Twitchのいいところ

消去法的にTwitchに移行したとはいいましたが、ネクロダンサーの大会であるCoNDORのために配信した経験や下地があったこともポジティブに働きました。

フォロワー50人以上が条件になるTwitchアフィリエイトプログラムに大した苦労がなく参加できたのはこの辺が大きいです。

アフィリエイトプログラム

本年になってから導入されたサービスですが、Twitchにはアフィリエイトプログラムというサービスがあり、一般的なユーザでもマネタイズへの門戸が開かれています。

アフィリエイトプログラム参加条件
  • 過去30日間において合計500分以上の配信を行った方
  • 過去30日間において7日以上の配信を行った方
  • 過去30日間において平均3人以上の同時視聴者があった方
  • 50人以上のフォロワーをお持ちの方

(自分が参加した経験からすると上記条件をすべて満たした場合に招待がくるようです)

また、先日行われたTwitchConにて、プログラムの参加条件の達成度合いを明確にしていくというアナウンスがされました。

実効的にマネタイズにつながるかは別にして、多くのユーザーに公平に還元していこうという姿勢はニコニコ動画とは一線を画するものがあると思います。

人種差別と無縁のユートピア

世界中にユーザーがいることもあり、差別的な表現は非常に嫌われます。荒らしがTwitchにいないわけではありませんが、一般ユーザーによる悪気のない差別的発言によってやるせない気持ちになるようなことはほぼありません。

また、多くの配信者がバイリンガルやトリリンガルであり、多様なコミュニケーションが行われています。

これもまたニコニコ動画とは真逆といえる状況です。

日本が人気

ゲーム配信サイトということもあり、多くの配信では日本人だというだけでとても歓迎されますし、日本のゲームや、日本語に理解のある海外ユーザーも多いです。

私の配信にも海外ユーザーが来てくれることがありますが、つたない英語でもフレンドリーに接してくれて、新鮮な刺激になります。

まとめ

日本での知名度という点ではどうしても劣るサイトですが、運営がユーザーコミュニティを育てていこう、多くのユーザーに対して公平性をもった還元をしていこうという姿勢、世界中のユーザーが利用する状況への配慮など、配信サイトとしてはとても優れた運営がなされています。

今年の東京ゲームショウでは大きなブースを出すなど、日本での運営にも力を入れていく様子もみられ、これからのTwitchの動向が個人的には楽しみです。

この記事を読んでTwitchを試してみようという方がいらしたら幸いです。

その際、もしよければ私のTwitchアカウントもフォローいただけたら非常にうれしく思います。