この最高難度のクリプト・オブ・ネクロダンサースピードランは狂っている - 翻訳記事

この記事は翻訳記事になります。

引用元: https://www.pcgamer.com/this-crypt-of-the-necrodancer-speedrun-at-its-hardest-difficulty-is-bonkers/

著者: Steven Messner

ビートミス?あなたは死にます。ダメージを受ける?あなたは死にます。壁を叩く?あなたは死にます。金を拾う?あなたは死にます。

GamesDoneQuickのAGDQ 2019 benefiting Prevent Cancer Foundation - Avoid the Noidをwww.twitch.tvから視聴する

ここまでAwesome Games Done Quick 2019には素晴らしいスピードランの不足はありませんでしたが、これは私のお気に入りです。
クリプト・オブ・ネクロダンサーは無慈悲なリズムベースのローグライクゲームですが、ランナーのSpootybiscuitはネクロダンサーの最も難しいキャラクターであるCodaを使って、計り知れないレベルまでの挑戦をします。
Spootybiscuitは言います、「たいていの開発者はCodaのようなチャレンジングすぎるキャラクターをゲームに追加しません」

通常の難易度では、ネクロダンサーはビートに合わせて移動するモンスターに満ちたダンジョンを、モンスターと同じビートで動くことを要求します。それは、十分にやりがいがあります。そして、あなたが動きを躊躇するなら、あなたはスコアを失うなどのペナルティを受けます。
Codaはこれを別のレベルまで引き上げます。Wikiの説明によると。

Codaは倍速で動く(あなたが合わせる必要があるテンポが倍になるという意味)、ゴールドやごうよくのかんむりを拾うと即死する、ビートを逃すと死ぬ、ライフを増やすことは出来ない、そして最弱であるダガー以外の武器を装備することも出来ない。Codaをプレイしているときは通常ゴールドを落とさない敵も1ゴールド落とすようになり、これにはボス戦も含まれる。

基本的にどんな失敗でも即座にあなたは死にます。
そして、Codaが敵を殺すと敵はコインを地面に落とします。つまり、Spootybiscuitはそのコインが落ちたスペースを使うことができません。
難易度をもっと複雑にするためSpootybiscuitは「Low%」ルールを使用します。これは彼がダンジョンで見つけたすべてのアイテムを拾うことが出来ないことを意味します。「あらゆることが私を殺す」と彼は言います。

このスピードランは非常にきついので、Spootybiscuitは聴衆に音を立てないようお願いし、かわりに彼がフロアをクリアするかボスを倒したときに拍手をするよう提案しました。この結果は想像どおり壮観でした。

スピードランが始まるとすぐにこれがいかに難しいかが明らかになります。Spootybiscuitは絶えずビートに合わせて移動しながら、ゴールドを落とすモンスターでいっぱいの非常に狭い通路を通らなければなりませんでした。また、止まることも出来ないので、彼は前進できる機会を待って頻繁に前後に踊る必要もあります。

そして、約6分、ゾーン3で敵はかなり複雑になってきたが、彼はモンスターはもっと攻撃的になりビートももっと不条理に速くなると説明しなければなりませんでした。残念なことにSpootybiscuitはゾーン3でデスメタルと遭遇します(ボスはゾーンごとにランダムで現れます)このボスの曲はゲーム内で最速であり350BPMに達します。これは1秒間に6回移動キーを入力しないといけないことを意味します。当然、Spootybiscuitは死にます。

中盤においてゲームがフリーズやクラッシュしたことも、あなたが見逃してはならないスキルの暗示です。