C4 LAN 2019 Springレポート

というわけで、ラッタッタです。こんばんは。C4 LANの参加も4回目になりました。

私のブログを読んでくださってる方にはおなじみでしょうが、C4 LAN(https://2019s.c4-lan.com/)とはいわゆるLANパーティ、みんなで集まって3日間夜通しゲームをし続けるというイベントです。数百人がPCを持ち寄ってゲームをする様は壮観ですらあります。

全部書いてるとキリがないので、自分が特に楽しかったこと、目立って気づいたこと、いつもと違うなと思ったところを中心に書いていきたいと思います。

最強ゲーミングケータリング

まず、最初に書きたいのは、赤坂なゝみ×MEAT MEAT MEETさんによる、ケータリング!!!これがコーヒーにいたるまでちゃんとおいしくて(コーヒーがおいしくないとがっかりしますよね)、しかも、なんと本気の3日間ノンストップ営業。もうめちゃくちゃ食いました。ほんとおせわになりました。ボリュームたっぷりのフライドチキン、夜食に生ハムサンドイッチ、お酒のおつまみにナチョス、朝ごはんに生ハムおにぎりとコーヒー、もう何食ってもうまい。

店員のみなさんの感じもよくて、近くにうかがったときはぜひ店舗の方にもお邪魔したいと思いました。

自分の席@ネクロダンサー試遊台

次は、自分の席の紹介とかとか。C4 LAN関係でブログにきてくださった方には自己紹介も兼ねる感じでしょうか?

今回は前回に引き続き、ネクロダンサーの試遊台を設置しました。正式名称は「Crypt of the NecroDancer」カナダ発のSteamゲームでSwitchやPS4版も発売されています。私はこのゲームが大好きで日本語Wikiを作ったりなんだり布教活動をしています。今回は布教の人として認知してくださってる方もいて少しうれしかったです。

座席ではプレイしていただいた方にはステッカー、ゾーン1クリア者にはキーホルダーの配布という感じで呼び込みしてましたが、おそらく、30人くらいにプレイしていただけたと思います。感謝感激です。ぜひみなさま #ネクロダンサーを買え !!ちなみにゼルダとコラボした続編のケイデンス・オブ・ハイラルがもうすぐ(19年春とのこと。任天堂IPが、カナダの会社で開発され、スパイク・チュンソフトから発売という奇跡のようなトリプルネーム)Switchで出るそうなので、そちらも買え!!!

ミニ四駆大会

みみっちさんと床2丁目。コースは本番ではもっとずっと大きくなりました

今回一番楽しみだったイベント、RADのみみっちさん主催によるミニ四駆大会。

レース経験はないのですが、ダッシュ四駆郎時代からちょいちょいミニ四駆を作って遊んでたミニ四駆ファンなので、また久しぶりにミニ四駆で遊べてうれしかったです。本当にC4 LANは童心に帰れる場所だなと思います。

マイミニ四駆のキャノンDボール

残念ながらレースでの結果は、まさかの塗装が油性ペン、ローラーがガタついてる怪しい四駆の博多だいらす号に負けるという悲しさ。安定方向に振りすぎました。最初にみんなが吹っ飛んで撤去されたジャンプ台が残ってさえいれば・・・。

ちなみになんでか帰ってきたのにさらにミニ四駆関係用品を買い足しています。リューターも買いました。意味がわかりません。

ENLIFE

いつもはSteamゲー勢のお友達と並んで席をとっていたのですが、今回はENLIFEさんの床の近くに座席をとってENLIFEさんと割と行動を共にさせていただきました。いつもお世話になっております。ありがとうございます。

今回、ENLIFEさんはVR体験などの企画をしてらっしゃいました。

ENLIFE主催のマラさんは瀬戸内LANというLANパーティの実行委員もなさってらっしゃいます。来月6月の14~16日に広島にて開催されるそうです。C4 LANの熱が冷めやらぬみなさま。ぜひ参加を考えてみてはいかがでしょうか?

他のもろもろ

書きたいこと思い出したら追記する場所。

まとめ

今回、一番感じたのは、参加者の居心地に振っているなという印象でした。

とにかく居心地がめっちゃよかったです。いつもの参加で〇〇な理由で治安が悪い、居心地が悪いと思うローカルな問題は、ルールか運用かによって潰してあってすごいと思いました。こういう、単純な運用力が最強に強いところがC4 LANの強みだと思います。

あとは、みんなゲームにとらわれずに楽しむことにフォーカスが合わさってきた印象もありました。ともすると悪乗りにもなってしまうところを、みんなの努力によっていいおふざけができてるのホント最高です。参加者としてはこれからも悪乗りをせずに、本気で遊んでいきたいと思いを新たにしました。

ぜひ次回も参加したいですね。関係者のみなさまありがとうございました。