福島ゲーミングDAY参加レポ -2つの地方LANパーティ-

先週の瀬戸内LANの熱気がまだ冷めておりませんが、わりかしご近所の福島県は郡山市でLANパーティイベントが行われるということで、バイクツーリングがてらのぞいてまいりました。

福島ゲーミングDAY公式サイト:https://fukushima-gaming.com/

カブちゃんかわいい

磐梯熱海温泉のホテル華の湯。ひなびた温泉郷にある綺麗なホテルです。

入浴料1200円を支払うことで、入場券を兼ねる形。牛乳引き換え券もいただきました。会場はおもいっきり結婚式などで使うホールですね。

様子はというとぷよぷよ勢、スト5勢、ギルティ勢、PUBGモバイル勢、CyAC島と分かれて、それぞれの大会とかイベントをやっている感じでした。餓狼勢もあったのかな?現地では格ゲーnoobなんで判別できなかった。

C4 LANや瀬戸内LANで感じるカオス感は薄く、かろうじてぷよぷよをプレイしてるくらいの私には、はっきりいってアウェー (いちおうSwitchでネクダン起動だけはしたけど、ザコ死したのでなかったことに) まあ、予想の範疇ではあったので、適当にブラブラしてから温泉へ。

車中泊やらバイクツーリングやらで、各地の温泉に入ってる私ですが、ここの露天風呂はいいぞ!アメニティは充実してるし、ドライヤーは無料だし(だいたい100円取られる) 昼から風呂に入ってほっこほこでした。

風呂上がりは会津中央乳業さんの牛乳。あんまり牛乳って飲まないけど、たまに飲むとおいしいね。

早めに撤収して猪苗代湖に寄ったりして帰ってきました。

2つの地方LANパーティ

瀬戸内LANと福島ゲーミングDAY、今回、短い期間で両方参加してみましたが、いうまでもなく全然違うものでした。というか、同じ地方のLANパーティイベントとしては完全に真逆だったと思います。

瀬戸内LANは「参加者がステージイベントを企画して、主催者も一緒になって遊ぶ」

福島ゲーミングDAYは「主催者は有名プレイヤーや芸人を呼んでステージイベントをやってもらい、参加者はそれに参加する」

私がどっちが好きかといえば、当然、瀬戸内LANなのですが、福島ゲーミングDAYにはそれはそれでわかりやすく参加しやすい、期待から外れないツアー的な楽しみ方がありました。

福島ゲーミングDAYの「好きなゲームの大会がやってるから」「子供がゲーム好きだから」で会場まで足を運び、温泉に入っておみやげを買って帰ってくる。このサイクルは強いです。参加者は難しいことを考えずに楽しめますし、主催側も手間のかけどころさえ間違えなければ、失敗はないでしょう。C4 LANや瀬戸内LANのようなカオス感が薄いのも、家族連れなどにはかえって安心感につながると思います。

もし採算さえ取れるのであれば、こういうスタイルのレジャーは自然と広がっていくでしょう。

一方、瀬戸内LANがなんなのかは、運営の方々に割と近い位置で参加させていただいた自分にもよくわかりませんでした。大人が集まって本気になって遊ぶことはとても面白いです。でも、なぜ面白いか、どうしたら楽しめるかを説明するのはとても難しく思いました。個人的には気になった方には参加してみてほしいです。

「eスポーツ」

「eスポーツ」という言葉はとても文脈に左右されます。

最近は「ゲーム大会」の置き換え語として「eスポーツ」が使われることが増えましたが、くじ運に左右された試合を馬鹿にしたり、「なにゲームに対して本気になっているの?」という揶揄や自嘲の目的で使われたりしてきた言葉です。その延長線上で、食事の画像を「eスポーツ」としてSNSにアップロードするなんていう文化もあったりします。

その辺の文脈が抜け落ちて、「eスポーツ」という言葉を使われている例をこの2週間でたくさん耳にしました。たぶん悪いことではないんだろうと思います。

福島では、そもそも「eスポーツ」は「ゲーム大会」の置き換え語として使われていました。よく「eスポーツを盛り上げたい」といっている人が指す「eスポーツ」はこういう意味なんだろうと思いますが、このタイプのレジャーは上にも書いたように、ほっといても採算さえ取れれば盛り上がると思いますし、第3者が盛り上げたり盛り上げなかったりするものでもないような気はしています。

瀬戸内では、揶揄の文脈を理解していない人と理解している人が混在していました。正直、真面目な意味で「eスポーツ」と叫んでいるのは滑ってたんですが、この文脈が断絶したままでも、みんなで一丸になって楽しめる、ゲームを通してコミュニティができるということはとても大事なことだと思います。

そして、こういう繋がりができていくことが、本当の意味での「eスポーツが盛り上がる」だといまのところ私は思っています。

我々オタクはその点で謙虚になるべきなんだろうなと思います。細かいことにこだわらず、社会性を持って、感謝の気持ちをもち人と仲良くする。思いっきり自戒です。

ふわっとした終わり方ですいませんが、また、なにかまとまったら追記したり新しく記事を書いたりしてみたいと思います。