【レビュー】Creative Sound BlasterX G6

いろいろなサウンドデバイスを試してきましたが、こちらに落ち着きました。ただし、いいことばかりでもなかったのでその辺を書いていきたいと思います。

スペック

  • 外形寸法:約111×24×70mm
  • 重量:約144g
  • インターフェイス:マイクロUSB Type B(USB 2.0)
  • 出力:最大32bit/384kHz (ダイレクト出力モード時)
  • 入力:最大32bit/192kHz
  • 入出力端子:
     ヘッドセット端子(3.5mm)
     ライン出力(3.5mmミニ)/光デジタル出力(丸型)
     ライン入力(3.5mmミニ)/光デジタル入力(丸型)
     マイク入力(3.5mmミニ)
  • コントローラー/インジケータ類:
     電源インジケータ
     再生/マイク サイドトーン ボリュームノブ/ミュートスイッチ/インジケータ
     Scout Mode/ダイレクト モードボタン/インジケータ
     SBXボタン/インジケータ
     ヘッドホン出力ゲイン切替スイッチ (L側:16~149Ω/H側:150~600Ω)
  • 電源:USB 5V

使用環境

PCのサウンドデバイスとして利用しています。PS4やSwitchのUSBサウンドデバイスとしても利用できるようですが、この機能については私は利用・検証していませんので、今回は特に触れません。

光デジタル入力とUSB入力のミキサー機能が便利

複数系統の入力をミキシングしてくれる機能がついています。これによってPCからの音声(USB)と、Switchからの音声(HDMIにオーディオ分離機経由させて取り出した光デジタル音声)を遅延なくミキサーして聴くことが出来ます。

スプラトゥーンなどでVCをしながらSwitchのゲームをしたいことが多いので、とても助かる機能です。

音質がよい

1万円前後のサウンドカードやオーディオデバイスをいろいろ試してきましたが、私の知る限りではこの価格帯ではもっとも解像度感に優れた良好な音質です。すべてのエフェクトを切ってダイレクトモードで利用していますが、特に音質にクセも感じません。

非常に不安定

この機種がおすすめしきれない点として、不具合のオンパレードという感じでいろんな不具合が発生しています。それらを書いていきたいと思います。

1時間に1度くらい音が出なくなる不具合

定期的に音がしなくなるという不具合がありました。音量ノブをさわれば復元するのですが、手が離せないゲーム中などに発生すると困っていました。

1度、Amazonの初期不良扱いで交換して、それでも再現したのでサポートに連絡して、そちらで紹介されたファームウェアの手動リロードにより発生しなくなりました。以下にサポートから紹介された手順を記します。

1)付属のUSBケーブルをパソコンに接続します(弊社製品は接続していない状態)
2)弊社製品のScout Modeボタンを押した状態で、既にパソコンに接続している
USBケーブルに接続します。この際に、Scout Modeボタンと同側の三つLED
の中央LEDが点灯します。
3)下記のページよりダウンロード可能な最新のファームウェアを改めて更新して
ください。

ジジジジというノイズ

ジジジジジというノイズがたまに発生します。いまだに解決していませんが、上記のファームウェアの更新以降、若干頻度と音量が少なくなったような気がしています。交換前に発生していたかは定かでないので、個体の不具合かどうか切り分けられていませんが、発生が稀であることや、耳が壊れるような音量のノイズではないので放置しています。

32bit/384kHzにすると特定のアプリケーションで音が鳴らない不具合

機器上の最高音質は32bit/384kHzですが、この設定にすると特定のアプリケーションで音が鳴らなかったり、異常な動作をしたりします。具体的にはSpotifyでは音がならずに、曲が次々にスキップされました。他にもアプリケーションによって音が鳴るもの、鳴らないものがありました。

32bit/192kHzに設定を落としたら発生しなくなったので、そのまま使用しています。

PC起動時に電源が入らない不具合

記事執筆時点で購入後4ヶ月ほど経ちますが、ここ1週間くらいで発生した不具合でPC起動時に2回に1度くらい電源が入りません。USBケーブルを抜き差しすれば起動するので、いまのところ様子を見ています。

ファミコン並みに虚弱な接触

軽く触っただけで電源が落ちます。触らなければ問題はありませんが、USB機器でここまで接触に弱いものは初めてです。ノートPCのサウンドデバイスとして使ったりする場合は問題が起きるかもしれません。

まとめ

正直言って不具合の多さから他人に進められるような商品ではありませんが、私の使用方法では他に代えがたいよさもあるので半ば諦めて使っています。ファームウェアアップデートなどで問題点が改善してくれるとうれしいです。